真性包茎の人とセックスするのに抵抗感はあるのか?

女性は真性包茎に対してある程度の知識を持っています。そのため、真性包茎が与える悪影響も知っているので、多少の抵抗を感じています。ただし、好きだから言わない場合もあるんですよ。女性の本音を知ることができれば、男性が女性の気持ちに行動で表すことができます。言葉より行動を求めている女性の心を揺らすことができますよ。

 

 

真性包茎でもセックスはできる

 

真性包茎でも挿入時に痛みを感じなければ挿入することはできます。ちゃんと勃起していて、女性が十分濡れていれば可能です。ですが、普通のセックスができるのか、女性が抵抗を感じないセックスが可能かどうかは、真性包茎の状態や女性の知識によって左右されます。

 

セックスが可能な真性包茎の状態とは、射精障害が起きないこと、炎症などペニスに疾患を伴っていないことです。包皮が亀頭を常に覆っている状態ではペニスの清潔を保つことはできません。包皮炎などを引き起こしている状態でのセックスは、痛みや感染症のリスクが高まります。

 

大人になればほとんどの女性は真性包茎がどういう状態かを知っていますが、若い女性は知らない人もいます。包茎が何なのかわからないままセックスをしている場合があり、特に気にならない人もいるかもしれません。ですが、やはり臭いがきついことから抵抗がある人が多いです。特に付き合って間もなくのセックスで抵抗を感じると、その後に心が離れてしまうこともありますが、女性を責めることはできませんよね。

 

 

女性は我慢している場合がある

 

真性包茎でもセックスを行うことは可能ですが、ちゃんとした真性包茎の知識を持っている女性は我慢している可能性があります。何故なら、真性包茎のペニスは普通のペニスとは違い、臭いがかなりきついからです。臭いには女性は敏感ですよ。好きな男性なので言いだせないだけというケースが多いです。

 

誰でも性器のことを相手に指摘することは躊躇するものです。男性が女性の陰毛の濃さを指摘しづらいことと一緒で、女性も真性包茎の指摘をするには勇気がいります。何人かの女性の意見ではありますが、彼氏のことが好きだから真性包茎も特に気にしないとい人も確かにいます。

 

しかし、反対に真性包茎だということに引いてしまって女性の心が離れるケースもあります。好きという感情があるため、臭いがきついのに我慢して、また不潔だと思っているのに言えなくて…という女性の心理はゼロではないのです。好きな気持ちが勝っている時はよいのですが、気持ちが沈んでいる時は余計に真性包茎が気になるものです。好きな女性に我慢させていては、セックスの時に本当に気持ちがつながらない可能性があります。

 

 

包茎治療をしてほしいと思っている女性が多い

 

多くの女性は真性包茎の男性には治療をしてほしいと思っています。包茎専門クリニックである上野クリニックの女性へのアンケート調査では回答のあった中の8割の女性が治療をしてほしいと望んでいることが分かっているからです。女性も最近は真性包茎に対して知識を持っています。インターネットで簡単に情報も手に入りますし、病気のこと、臭いのことなどの悪いイメージも知っているからなのでしょう。

 

真性包茎の人全員が病気を持っているわけでも、病気になるわけでもありません。ただし、ペニスの清潔を保ちづらいことから、普通のペニスより病気になりやすいです。男性側の病気だけでなく、パートナーにも子宮頸がんなどの発症リスクを高めてしまいます。

 

女性も普通のペニスに全く興味がないとはいえませんよね。女性だって複数の男性との経験があればペニスがどういうものかをよく知っています。それに、真性包茎が病院で治療することができることも知っているのです。病院泌尿器科なら安く済ませられますし、包茎専門クリニックなら綺麗に仕上げてくれます。費用もかかりますが、パートナーの想いに答えることで、自分の気持ちを言葉以外に伝えることもできるのです。