親にバレずに真性包茎手術ができるか?

親にバレずに真性包茎の手術を受ける方法は包茎専門クリニックで治療を行うことです。なぜなら、病院泌尿器科で治療を受けた結果、ツートンカラーやペリカン変形といった後遺症が残ることが多いからです。ペニスの見た目が悪くなり、更なるコンプレックスを抱えない方法があるんです。

 

 

真性包茎治療が親にバレる原因は?

 

真性包茎治療は綺麗に仕上げることで、多くの人が手術をしたことを気付くことはありません。なぜなら、亀頭冠下で縫合を行うことで、見た目は普通のペニスに見せることができるからです。しかし、親にペニスを見せることなんてほとんどありませんし、仮に見えてしまったとしても、パートナーみたいに凝視することはまずありませんよね。ですが、真性包茎の手術の結果によっては親にバレてしまうこともあります。

 

まず、ペニスの形の前に、そもそも手術が日帰りである必要があります。一泊入院すれば、同居している親なら心配しますからね。病院でも手術では場合によっては入院が必要になりますが、包茎専門クリニックならまず間違いなく日帰り手術で帰宅できます。

 

また、仕上がりにこだわらない医療機関での真性包茎手術では、ペニスがツートンカラーやペリカン変形といった後遺症が残る場合があります。親がペニスを確認する一瞬でも、ツートンカラーやペリカン変形となっているペニスをみると、包茎手術をしたことがバレてしまうでしょう。

 

 

真性包茎手術における後遺症を避けるには?

 

真性包茎手術でペニスに残ってしまう後遺症を避けることは可能です。後遺症を残すようなスキルの低い医療機関を選ばないようにすればよいだけなのです。後遺症を残すようなスキルの低い治療を施す医療機関の一つが泌尿器科です。全ての泌尿器科のスキルが低いわけではありませんが、共通して言えることは仕上がりの綺麗さにこだわっていないんです。

 

病院泌尿器科で真性包茎の手術を受けることで、確かに症状は改善するでしょう。しかし、ペニスに後遺症が残ってしまうと、包茎の悩み以外のペニスのコンプレックスを抱えることになります。温泉にも行きづらくなりますし、女性に対してペニスに自信がなくなります。

 

手術における後遺症を避けるには、スキルの高い病院泌尿器科を探す必要がありますが、全国探しても見つけることは難しいです。なぜなら、病院泌尿器科で仕上がりの綺麗さをこだわっても、保険点数は変わらないからです。真性包茎の治療は医療保険の対象ですが、綺麗に仕上げても、後遺症が残っても医者に入る金額は変わらないのです。

 

 

真性包茎手術の仕上がりを追求してくれる治療機関は?

 

ペニスをきれいに仕上げてくれる治療期間は包茎専門クリニックしかありません。なぜなら、病院の泌尿器科では治療結果にはこだわりますが、仕上がりの綺麗さにはこだわっていないからです。病院泌尿器科ではどんなにきれい仕上げても病院がもらえる保険点数は変わりませんが、包茎専門クリニックは綺麗に仕上げることで患者を獲得し、場合によってはオプション料金を追加するなど、相応の報酬を受け取ることができます。だから、綺麗にこだわっているんです。

 

病院泌尿器科で手術を行った後、ツートンカラーやペリカン変形などの後遺症が発生した場合、包茎専門クリニックで修正手術を受けているケースがほとんどです。それだけ包茎専門クリニックに手術スキルがあることを伺い知れます。

 

包茎専門クリニックが仕上がりの綺麗さにこだわる理由は、病院泌尿器科には費用面で勝てないからです。仕上がりの綺麗さを追求するのは、包茎専門クリニックとしては生き残るための唯一の方法です。だからこそ徹底的に仕上がりにこだわっているんです。