何歳くらいで真性包茎治療をすればいいのか?

真性包茎の悩みは男のプライドがあり、気軽に他人に聞くことはできませんよね。特に治療することで自分に負けたような感覚に多くの真性包茎患者は陥ってしまいます。治療と年齢は関係あるのか、という疑問にお答えします。真性包茎の治療時期を知ることで、恋愛やセックスの悩みから解放されるでしょう。

 

 

真性包茎治療と年齢は関係あるのか?

 

真性包茎の治療と年齢には大きな影響があります。なぜなら、普通のペニスとなった時間の分だけ性器を強く、体の健康を維持することができるからです。そして、影響はパートナーにも及びます。真性包茎の治療のタイミングを知ることで、自分だけでなく、パートナーにも気を使わせないで性行為を行うことができるのです。

 

真性包茎によって影響を受けやすい年齢はセックスをし始める18歳から20歳から始まります。真性包茎でもセックスすることはできますが、ペニスの痛みや相手への不快感などは、セックスを始めてから痛感するのです。

 

真性包茎を長年放置してセックスをし続けることで、包皮炎などペニスに影響が出ますし、パートナーからの十分なオーラルセックスを受けることもできません。また、コンドームが正しく装着できないことから、不用意な妊娠の可能性を高めてしまい不安を与える可能性があります。ペニスの成長が止まる20〜22歳を超えたのに真性包茎の症状が改善しなければ、真性包茎による悩みや問題がずっと続くのです。

 

 

真性包茎治療の年齢が遅い場合の問題点

 

真性包茎の治療年齢が遅くなると、自分だけでなくパートナーへの悪影響が発生する場合があります。なぜなら、真性包茎のペニスには雑菌やカビが繁殖しやすくなるからです。自分が治療しなければならないと思った場合、パートナーへの悪影響をできるだけ少なくするためには、早めに治療を受けることがよいでしょう。

 

真性包茎は年齢を重ねる毎に、症状を抱えている人の割合が小さくなります。児童包茎は幼年期の多くの男子に見られますが、大人になるにつれてペニスも成長し、徐々に仮性包茎、そして普通のペニスへと成長するのです。しかしながら、一部のペニスは何らかの原因によって真性包茎から仮性包茎へと移行せずにペニスの成長が止まってしまう場合があります。

 

真性包茎の期間が長ければ、包皮と亀頭の間にたまりやすい恥垢によって、雑菌やカビ、ウイルスなどが繁殖しやすくなります。結果、包皮炎や排尿障害、パートナーに対しては性病やヒトパピローマウイルスが引き起こす子宮頸がんのリスクを高めてしまいます。真性包茎の治療の年齢が遅ければ遅い程、正常なセックスができず、恋愛に対しても距離を置くことになり、自分やパートナーを傷つけることになるのです。

 

 

真性包茎治療の一番適切な年齢は?

 

治療に適切な年齢は20〜22歳がよいとされています。なぜなら、ペニスの成長がおおむね終了し、成長に伴う真性包茎の改善が期待できなくなるからです。ペニスの成長終了した場合、いくら年齢を重ねたとしても真性包茎が改善することはありません。真性包茎の状態が続くことでのデメリットを考慮すると、ペニスの成長が終了した後できるだけ早く手術などで症状を改善する必要があります。

 

一部の情報ではペニスの成長は50歳くらいまで続くとされています。しかし、真性包茎の場合、包皮が常に亀頭を包んでいることから、亀頭の成長を妨げている可能性があります。また、確かに徐々に成長しているのかもしれませんが、劇的な成長は20〜22歳を超えてからは期待することはできません。

 

真性包茎の治療を受けた人の感想を確認すると、どうしてできるだけ早く治療を行わなかったのかと後悔されている人が多いです。真性包茎は我慢する必要はありませんし、現在では真性包茎を15万円から20万円で治療することが可能です。