真性包茎でも子供はできるのか?

真性包茎でも正常に射精することができれば子供を作ることができます。しかし、真性包茎のセックスにはパートナーを病気にさせるという危険が伴います。子供を作る上で真性包茎が及ぼす影響を知らない…では、母親や子供に対して責任ある父親の役割を果たしているとは十分に言えません。

 

 

真性包茎でも普通の性行為ができるの?

 

真性包茎であっても性行為は可能ですが、普通の性行為ができるのかと聞かれれば、疑問が残ります。なぜなら、包皮口が狭いこと、常に包皮が亀頭を包んでいることで男性器に悪影響を及ぼすからです。ですが、悪影響を及ぼしたところで挿入、射精という一連の流れは普通のペニスと同じように行えます。

 

「普通の性行為」という考え方は人によっても異なりますが、程良い刺激と痛みや危険のないピストン運動を行うことができると定義としましょう。程良い刺激とは亀頭が膣壁などに与える摩擦及び圧迫運動です。圧迫は真性包茎でも可能ですが、摩擦は亀頭冠などの突起物が全て包皮に覆われていることから、ほとんど与えることができません。女性に対する刺激は普通のペニスより弱いです。

 

しかしながら、挿入後に射精するという一連の行為はこなすことができます。普通の性行為ではないかもしれませんが、射精を行うことができれば受精、妊娠までは誰でも達成することができるのです。ただし、真性包茎のペニスを挿入し、射精するということは、多くのリスクが生じます。

 

 

真性包茎でも射精ができれば子供ができるの?

 

射精ができれば子供はできます。つまり、真性包茎であって子供を作ることは可能です。しかしながら、清潔な精子を膣内に放出しているとはいえません。なぜなら、亀頭と包皮の間にある恥垢や細菌、カビなども一緒に放出しているからです。

 

膣内も決して清潔ではありませんが、生理などである一定周期で膣内をきれいにしています。雑菌やカビなどが女性の膣内で発見されないのは生理現象があるからです。しかし、真性包茎のペニスは自己清掃機能がありません。排尿や分泌物などによって作られる恥垢が包皮内に溜まり、雑菌やカビの温床になります。場合によっては病気の原因となるウイルスが付着しやすくなっています。

 

射精によって、包皮内に溜まっている雑菌やカビは精子とともに排出されます。精子が汚れることはありませんが、同時に危険なウイルスが放出される可能性があるため、膣内を汚染させてしまいます。

 

 

真性包茎による子供への悪影響は?

 

真性包茎による子供への影響はほとんどありません。なぜなら、射精から受精、妊娠という一連の流れは真性包茎のペニスでも作ることができるからです。ただし、真性包茎によって引き起こさせる女性への悪影響はゼロではありませんので、場合によっては母体が病気になることで子供への影響がでるかもしれません。

 

真性包茎が引き起こす可能性のある病気の一つにヒトパピローマウイルスがあります。男性器では尖圭コンジローマという病気を引き起こしますが、女性にヒトパピローマウイルスが感染すると子宮頸がんの確率が上がります。子宮頸ガンは子供も直接影響はないかもしれませんが、病気の進行によっては子供を産むことができない体にさせてしまう可能性があります。

 

真性包茎の場合、亀頭が露出されているわけではありませんので、精子を遠くに飛ばすことができません。精子の数が少ない、もしくは精子の力が弱いと、受精しにくくなる可能性があります。大切な人との性行為による分かち合いや二人の大切な子供を安全に産むことは、大切なパートナーへの愛情表現ではないでしょうか?